スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整理収納サービスの失敗事例

小学校とかにあるPTAって何の略だろうとふと考えてしまう機会がありました。

ウィキペディアで調べてみると

簡単に言うと親と先生の教育関連団体なんですね。

どんな活動をするかは想像がつくけれど、よくわかってなかったなぁと思ってしまいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<ウィキペディアより抜粋>

日本におけるPTA(ピーティーエー、英語: Parent-Teacher Association)とは、
各学校で組織された、保護者と教職員による社会教育関係団体のことである。
任意加入の団体であり、結成や加入を義務付ける法的根拠はなくすべての
児童生徒のためのボランティア活動というのが本来のあり方である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




さてさて、

今回の記事は、

実は・・・

ず~っと避けてきたテーマでした。




今まで整理収納について詳しいふりをしながら

いろいろ記事を書いてきましたが、

実は色々と整理収納活動で失敗を経験してきました。




失敗談を書いてしまうと、読んだ人からどう思われるんだろうと心配になってしまうし

失敗ばっかりしている人の話って説得力ないかなと思われるのが怖かったのかな。




すでに活躍されている整理収納アドバイザーさんの失敗談にはどんなものがあるのかなと思い

「整理収納アドバイザー」 + (「失敗」 OR 「NG」 OR 「トラブル」)

の組合せでググってみると見事にほとんど情報が見つかりませんでした。



すでに活躍されている整理収納アドバイザーのみなさんは整理収納サービスでいつも大成功されているのか

それとも、失敗談はやっぱり書かないだけなのか・・・



整理収納アドバイザーのトラブル対処セミナーみたいなものは

あったりするのですが、開催地が遠かったり1回5000円とか

手軽には情報を仕入れられないですよね。




というわけで、

きっとこれから整理収納アドバイザーになられる方の参考になればと思い

恥を忍んで私の失敗談を書いてみたいと思います。

簡潔に箇条書き+捕捉説明でいきます。



■予定した整理収納活動時間をオーバー

  これは何回も同じ失敗を繰り返しました。
  3時間で終わろうと思ったら4時間とかかかってしまいます。
  慣れてないと作業進行の時間管理が結構難しいです。

  慣れないうちはあそこもここもと作業範囲を欲張らず、
  控えめに一つひとつ完結するのがいいと思います。

  例えるなら
  車の運転で白線目の前で止まろうと思ったらオーバーしてしまうので
  白線の15メータ前に止まろうとしてちょうど白線前みたいなものでしょうか。



■収納用品を買いすぎる

  お片付け本とかにもよく書いてあることですが、
  クライアントさん宅に持ち込みで使う整理収納用品は使う分だけ買うべきです。

  100均とかで整理収納用のグッズを見ているとついついあれもこれも
  試してみたくなり買ってみたのですが、一時期整理収納をするために自宅が整理収納用品であふれていました(笑)
  
  いろいろ買ってみて、使ってみて使いやすいモノ、使いにくいモノはやっとわかるんですけどね。


■捨てすぎる

  これは自宅の整理収納で失敗したパターンです。

  食器がごちゃごちゃしていたのでよく使う食器以外(約半分)は気持ちよく処分しました。
  処分したときはとても気持ちがよかったのですが、数日経ってみると
  あの食器がこの料理の時には使いやすかったんだと気づきました。

  スッキリ気持ちよく処分できることも大切ですが、
  いったん段ボールとかに入れて仮置きし1か月ほど生活してみるのが無難かもしれません。  



■床を傷つける

  これはクライアント様宅でやってしまいました。
  一緒に手分けして作業をしていて、何かを引きずってしまったんだと思うのですが
  床に傷をつけてしまいました。

  一瞬、周りの床を見てみるとそれなりに傷がついているので言わなくてもわからないかなと
  よこしまなことを考えてしまいましたが、正直に謝り許していただきました。

  大きいモノ、重たいモノを移動させるときは床・壁を傷つけないように注意が必要です。



■解決できない

  整理収納アドバイザー1級2次試験の実践編で発表するために、K様にご協力いただいて
  K様のお宅の整理収納をさせていただきました。

  作業期間は余裕をみて4ヶ月を設定しました。

  事前に私の家まで来ていただいて整理収納のワークショップ3時間を受講
  どんなことに悩んでいるか、どんな暮らしがしたいか等、念入りにヒアリングに10時間
  整理収納活動をやること21時間(1回当たり平均3時間の作業を7回ほど)


  私の当初の予定ではやり切れるはずでした。

  しかし、・・・

  1か月ほどK様と一緒に整理収納活動をしてみて何かがおかしいと感じました。
  2か月ほど経って、失敗に気付きました。
  3ヶ月経って、あきらめました。


  今まで何件か整理収納のお手伝いをさせていただいた経験と
  最近学ばせていただいた整理収納アドバイザー1級の理論を使えば
  自分にはなんでもできるという思い込みがありました。


  K様はモノへの執着がとても強い人でした。

  思い出のあるモノが多すぎて、どれも手放せず
  どの部屋もモノであふれていました。
  
  何年も前に亡くなられたご両親の持ち物も何も片付けできていない状態でした。

  自分の力量が正しく把握できておらず
  K様の気持ちもうまくフォローすることが出来ず
  K様のモノに対する考え方を改革することが出来ず
  K様にはご迷惑をおかけする結果となりました。

  ごめんなさい。




■クライアントの気持ちをフォローしない

  整理収納アドバイザー2級の資格を取ったばかりの何年も前の話ですが、
  知人男性宅の整理収納をお手伝いさせていただきました。

  男性宅のワンルームでモノはあふれていませんでしたが
  うまく片付いていない状態でした。

  上手な整理収納方法はよくわかっていましたので
  4~5回に分けて1ヵ所ずつきれいに整理収納していきました。

  最終的に部屋の中はとてもきれいに片付いたのですが・・・

  知人男性に作業完了後、感想を聞いたところ、

  整理収納の作業は精神的にかなり辛かった部分があったと教えてくれました。

  私が片付けることばかりに気を取られて、

  知人男性のモノに対する考え方についてのフォローが全くできていませんでした。

  そんなことなら、途中で言ってくれればいいのにと自分勝手に思った事もありましたが

  私が気づくべきでした。クライアントがすべての思いを話していただけるとは限らないようです。

  言いにくいこともあるのでしょう。



■いない人の分の片付け

  整理収納のワークショップをやっていると

  家の中がモノでぐちゃぐちゃになっていると言われる方がいました。

  そして、その原因が旦那様。旦那様が色々なモノを収集して散らかるそうです。

  旦那のモノを片付けるにはどうしたらいいでしょうかと、お決まりの質問をいただきます。

  
  この質問には明確な回答があります。

  旦那様のモノはひとまず気にしないでください。

  まずは、自分のモノの範囲でとことん整理収納してみましょう。とお答えましています。

  人間の習性なのか、周りの人が片付けをしていると自分もやりたくなる、やりだす

  ことが多々あります。
  

  これは失敗談とは少し違うかもしれませんが

  やってしまうとまず間違いなくケンカに発展します。


■いらないモノをもらう

  確信犯なのですが、K様宅の整理収納活動をやっていると

  いらないモノが沢山発掘されました。


  ・銀行や街頭でもらえるポケットティッシュ200個

  ・コンビニでもらえるストロー300個


  K様宅には不要なのですが、K様は使えるものを捨てるのは抵抗がある。

  そして、たまたま我が家ではポケットティッシュが不足していて

  子供の工作道具にストローが使用できる。

  お互いの利害が一致していたのでよくないとは思いつつ

  ポケットティッシュとストローをいただきました。



  クライアント様が友人・知人であればそこまでトラブルにならないかもしれませんが

  まったく面識のない方がクライアントになった場合に

  何かをついついいただいた後で、やっぱり返してほしいとか

  もらったものの中にお金や貴重品を入れていたんだ!返してくれとか言われてしまったら

  重大なトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。


  何十年も前の話ですが

  私の父がゴミ箱の中に現金○十万円を隠し

  母が知らずにゴミ箱の中身を確認せず燃やしてしまったことがありました。

  私からするとゴミ箱の中に隠す父に問題があると思うのですが

  父は激怒していました(笑)
  


■整理収納アドバイザーのやりたいようにやる

  整理収納のやり方がわかってくると、

  クライアントのお宅を見せていただいたときに

  何が原因で片付かなくて、どう片付けていったらいいかピンときます。

  なので、ついついこうすればいいです。とやりたくなるし、やってしまいます。

  でも、整理収納の主役はクライアントです。

  整理収納アドバイザーが主役ではありません。

  クライアントの話をよく聞く必要がります。

  ・何に困っているか

  ・本当はどうしたいのか

  
  ある場所がモノであふれてごちゃごちゃしていたとしても

  もしもクライアントが気にしていなくて、整理収納アドバイザーが気にして口を出したとしたら

  余計なおせっかいになります。



ここまでで私の失敗談を終わります。

他にもあったかもしれませんが、思い出したら追記しておきます。

本日も当ブログをお読みいただきありがとうございました。




現役整理収納アドバイザーの方でもしも私の失敗談を紹介してもいいよ、という素敵な方がいらっしゃいましたら

ぜひぜひコメントください。大歓迎です。

または、失敗談ではないけれどこういう点を気をつけないといけないよと

教えていただけるとありがたいです。








ここまで書きましたが、
きっと表現が分かりにくいところがあると思います。

いったん今の状態で公開しますが、
今月中に修正を入れます。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    整理収納アドバイザー記事一覧へ     


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


関連記事

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ありがとうございます!

たくさん、お褒めいただきありがとうございます(^_^)
今の私でできる範囲で調査分析、まとめさせていただきました。
私のこれからの活動にあたり調査しなくてはと思って、踏みとどまっていた内容だったので
逆にご質問いただいたことに感謝いたします。

私もまだまだ未熟者です。
これから整理収納を実践できる機会があれば積極的にチャレンジして
レベルを上げていきたいと考えています♪

これからも疑問点、質問などありましたら
お気軽にコメントください。
ここの内容がおかしいという点でも大歓迎です。

コメントをいただけると私のモチベーション、
アップしちゃいます♪
太郎ブログのメニュー(作成中)
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

はじめのいっぽ♪

ちょことまろん

FC2ブログアクセスアップ

にけたろうの片付け日記

home ^ - ^   
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。