スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整理収納アドバイザー1級2次試験合格への活動スケジュール(例)

気づくとカウンターも200を超えてました♪

いつもありがとうございます。

おかげさまで、整理収納に関する理解もだいぶ深まってきたので

今日もいい記事書けそうです!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私自身の2次試験まで残り30日ほどとなりました。


整理収納アドバイザー1級の2次試験を受験される方は

1次試験に合格してそのまま短期決戦で残りの1か月で

準備して合格される方もいれば

1次試験に合格してからクライアントになってくれる方を探して

整理収納活動をして発表資料を作って3か月とか5か月かける方もいらっしゃると思います。

人それぞれ、置かれている環境も違うし、考え方も違うので

思い思いにやるのがいいかと思います。


ただ、おおよそこんな感じの活動スケジュールではいかがかな

ということについて考えてみました。



整理収納アドバイザー1級は

1次試験と2次試験に合格してようやく資格取得になりますが

1次試験合格後、1か月だけでは準備期間が短くて大変だし、

1次試験合格後、3か月も4か月も期間が空くとモチベーションが下がってもういいやと思ってしまうかもしれません。

なので、中間の2か月ぐらいでパパッと完了させるのが理想的だと思います。

--------------------------------------------
活動スケジュール(例1)

9週間前(63):整理収納活動1
8週間前(56):整理収納活動2
7週間前(49):整理収納活動3
6週間前(42):整理収納活動4
5週間前(35):発表資料作成
4週間前(28):発表資料作成
3週間前(21):発表原稿作成
2週間前(14):発表練習・資料修正
1週間前( 7):発表練習・資料修正
    当日:発表

※カッコは当日から逆算した日数です
--------------------------------------------


一回当たりの活動はクライアント様も2~3時間が体力的に限界かと思うので
4回ぐらいに別けられるといいですね。

クライアント様の意識改革も1回で一気に変化することはなかなかないので

会うたびに整理収納理論の考え方、メリット等をお伝えして

徐々に一人でも整理収納ができるように促していく必要があります。


ここまでで理想的な活動スケジュールを書いてみたのですが、

私自身が実際に整理収納活動と発表資料作成をやってみて
下記のようなことを感じました。

・思うように整理収納が進まない
・整理収納の作業前写真を取り忘れた
・撮った写真がいまいちアングルが悪い
・1級テキストの整理収納理論が理解しきれていない
・発表資料作成時に活動内容と整理収納理論を結び付けずらい
・整理収納認定講座1級テキストをあまり読み返さなかった
・整理収納アドバイザーとしてではなくただの整理収納好きがお片付けをしただけか?!


写真の撮り忘れ等は気を付けていても、何回か失敗してしまいました(^∇^)

整理収納が得意で、整理収納理論も十分に理解されている方なら

活動して、資料作成して、発表練習してで行けると思うのですが

まだまだこれから整理収納を実践してレベルアップしていく未熟な私の場合には

活動して、資料作成して、テキスト読み返しての繰り返しが

整理収納アドバイザーとしてのレベルアップに大切であると気づきました。

--------------------------------------------
活動スケジュール(例2:改良版)

9週間前(63):テキスト読み返し+整理収納活動1
8週間前(56):発表資料作成
7週間前(49):テキスト読み返し+整理収納活動2
6週間前(42):発表資料作成
5週間前(35):テキスト読み返し+整理収納活動3
4週間前(28):発表資料作
3週間前(21):テキスト読み返し+整理収納活動4
2週間前(14):発表資料作・発表原稿作成
1週間前( 7):発表練習・資料修正
    当日:発表

※カッコは当日から逆算した日数です
--------------------------------------------


先ほど書き忘れましたが

整理収納活動をやっていると

どれだけモノを手放せたか、どれだけ見た目がスッキリしたかという視点になりがちで

あれもこれも攻めたくなります。私ってとても未熟ですね☆
余裕があればやってもいいと思うのですが、

中途半端にやると発散してしまい逆効果になります。

2次試験の評価基準は簡単に書くと下記の3点なので

・活動内容がわかりやすいか
・整理収納理論を活用して、整理収納理論の手順で実施したか
・効果があり持続性があるか


整理収納を実施するエリアを絞って

「家庭内におけるファシリテイトのステップ」通りに実施するのがよいと思われます。


私の実際の活動内容について書きたいところですが

だいぶ記事が長くなってきましたので今日はこの辺で終了したいと思います。

もしも、もっとこうやった方がうまくできるなどご意見ありましたら

お気軽にコメントください。

コメントいただけたらめっちゃうれしいです。


本日も当ブログをお読みいただきありがとうございました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    整理収納アドバイザー記事一覧へ     


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事

コメント

Secret

太郎ブログのメニュー(作成中)
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

はじめのいっぽ♪

ちょことまろん

FC2ブログアクセスアップ

にけたろうの片付け日記

home ^ - ^   
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。