スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整理収納アドバイザー太郎の個人宅お片付けで実践する12ステップ!

名古屋整理収納 太郎です。

アドバイザーの資格を取ってもうすぐ2年ぐらいになりますが、最近ようやく活動を再開し、家一軒のお片付けサービスに試行錯誤しながら対応しています。

整理収納アドバイザー1級の資格をとった人は、きっと個人宅の整理収納か講師業かセミナーをゆくゆくはやっていきたいなぁ、と考えている人が多いと思います。

私も色々と挑戦したいと思いつつ、資格を取ったはいいけれど、まだ実績もたいしてないし経験自信スキルもないから、自信とスキルがつくまで集客はしなくていいやと考えておりました。

まずはいろんな本を読んで知識を蓄え、自宅を人様に見ていただけるように頑張ってきれいにして、それから活動しようと・・・
そんなことを考えていたら、あっという間に特に変化もなく1年が過ぎていた気がします。

お片付けが得意な方は結構スキルをもってみえて、いきなり余裕で整理収納アドバイザーとしてデビューされてるかもしれません。

でも、私はないものばかり。
仕方ないですよね。ないものはないですから(笑)

そんな私も最近はかなり成長しました!

・できなくてもいいからトライしてしまえ!
・しっかり準備してから始めようと思ったら10年かかってしまう!
・最低限の準備だけして、トライして、もし失敗したらそれを学びに変えてしまおう!


こんなスタンスがとれるようになりました。

これが最善かどうかは別にして、いろんなことに時間をかけてしまいがちだった私にはマッチしている感じです。
じっくり準備して時間がかかるより、前に着実に1歩ずつ進んでいる実感があります。
自分を追い込んでいる面もあるので、しんどいなぁと感じるときももちろんありますが・・・

ほかのアドバイザーの方ですと、もっといい方法をとられているかもしれませんが、もしかしたら太郎のやり方が参考になる!といってくださる方が100人に1人、もしかしたらいるかもしれません。

最近、私がもし

「押し入れ収納」

の依頼を受けた場合、どういうステップをとるかなぁ
と考える機会があり、実際に意識してやっていることを書き出してみました。

書いてみると意外と
私ってしっかり考えている人かもと思ってみたり。

作業の進め方に正解はありませんが、
太郎さんはそんな作業手順で進めてるんですね~
ぐらいの軽い気持ちで読んでいただけたら嬉しいです♪

【個人宅お片付けで実践する12ステップ!】
※「押し入れ収納」の場合

1.ネット検索して勉強

 まず情報収集から始めます。
経験が少ないのでとにかく理論武装ですね。
「押し入れ収納 (&) コツ」のWキーワードでネット検索して、上位20件に表示されるサイトを読んで勉強します(2時間ぐらい)
へぇ~、と思う部分があればどんどんメモ帳にコピー。
いつもメモだらけになってしまいます(笑)

調べれば、情報だけはいくらでも手に入るので、
便利な世の中になりましたね(^^)
実際に実践できるかは別問題ですが(-_-;)

2.手持ちの本で勉強

 手持ちのお片付け本10冊から該当する記事がないか探して読んで勉強します。
やっぱり本が一番!
ベストマッチした記事があれば、すごくイメージが広がります。

気づくとお片付け本が増殖している気もしますが
本が増えると自分の実力も上がっている気もしてくるので不思議です♪

3.ヒアリング

 ヒアリングシートを作って、クライアントに回答をもらいます(どんな対策が必要か事前に調査する)

  <押し入れ収納について>
   1.どんなことに困っていますか?
   2.片付かない原因は何だと思いますか?
   3.利用している人は誰ですか?
   4.どんなものを入れていますか?
   5.どうなったらうれしいですか?


すぐ書いてもらえる場合もありますし、なかなか書けましたと連絡をいただけない場合もあります。
依頼した時点でどれぐらいで書けそうですかと軽く聞いておけると、あせらず待つことができます。

たとえば今週中に書けます。と聞いていれば、今週が過ぎたところで、「いま、どんな感じですか~?」ぐらいの感じで問い合わせができます。
書ける目安を聞いてないと、どのタイミングで聞いていいか迷いますし、急かす感じですよね(私はビビりなのでそう感じます)

あと、補足で家族の方がいれば
「家族の方にも意見を聞いてみてくださいね~」
と声かけしておきます。

これを伝えておかないと、本人だけの視点でヒアリングシートに意見がまとめられてしまいます。
これを伝えておくだけで、家族間でお片付けについての話をするコミュニケーションになりますし、普段から不満をもっている人がいい意見(なにがダメなのか)を言ってくれるかもしれません。

この記事を書きながら、今浮かんできました。
こんなところに気をつけてほしいこと

・積極的に意見(不満ばかり?)を聞いてもらって、相手の意見は否定・攻撃しない
・「あなたはそう思っていたんだね、わかったよ。一緒にその不満を解決していこうね。」という姿勢で家族の意見をきく
・「だれだれのせいで片付かない」という犯人捜しをしない


4.現場写真の入手

 押し入れ収納の全体、詳細が見れる写真を送ってもらいます。
「百聞は一見に如かず」というやつですね。

Before&Afterの
Beforeの写真として記録できますし、
クライアントさまが客観的に写真を通して
「押し入れ収納」がどうなっているか認識できる機会にもなります。

5.事前打ち合わせ

 1~4をもとに対策を検討し解決策の仮説を立て、クライアントさまと電話で事前打ち合わせをします。
  
   ・ヒアリングシートに書ききれない事情があったりするのでそのあたりのヒアリング
   ・今時点で不安な点はないか確認する
    ⇒クライアントからは言い出しにくいことも結構あるようで「不安に感じていることはないですか?」と聞くと
     意外とぽつりと重要な事が聞けたりします。
   ・今回はこれだけは解決したい、という点を聞いておく
    ⇒はじめのうちはあれこれ欲張って成果を出したくなりますが
     たいがい失敗します。時間切れになったり体力切れになったり・・・


なので、あらかじめこれだけは解決したい、というところがわかっていれば、それだけでも解決して、合格点をとってしまおうという魂胆

6 宿題の提示

  やってもやらなくてもいいですが、やるとお片付けに対する意識が高まりますよ。成果もついてきますよと、簡単にクライアントさんだけでもできそうなものを渡しておきます。
やってもらえたらラッキー!やってなくて当たり前ぐらいの意気込みで渡します。

期待して渡すと、やってなかったときにガッカリするので。
みんな、忙しかったりするのできなかったりするんですよね。
※私もブログ更新するぞ!と意気込み、途中まで書いて投稿したはいいですが、その後を書かずに平気で(実は未だに書いて気になっているのですが)放置したり・・・
ホントに信じられない人です(^^


7.現場(クライアント宅)でのお片付け

   腕の見せ所です。うまくいくかいかないかはアドバイザーの腕にかかっています。
   ヒアリングとお片付けにかける時間の割合は今でも迷いがありますが、やっていくうちに自分に合ったところがみえてくると思います。本当はヒアリングは60分ぐらいかけたいんですが、今のところ次の通り。

   ・ヒアリング0.5時間
   ・お片づけ3.0時間


お片付けをする前とした後で、写真をとらせてもらってます。
私が伺ったお宅は、どんどんとらせてくれる方が多いように感じます。
写真を撮りたいけれど、言い出しにくいなぁと思っていたら、クライアントさまの方から太郎さん、写真撮らなくていいんですか?って逆に聞かれて撮っていました。

最近になって、お片付けが終わった後に報告書を書くようになったので、「Before&afterの写真を報告書に載せたいので写真撮らせてもらってもいいですか?
作業前後の写真を撮っておいて、あとで見返してみると達成感がありますし、次へのやる気もアップしますよ」とか言ってます。


8.成果の確認

 言葉に出してクライアントさまに実施できたこと、成果を伝えています。

 ・○○を□□個手放せました
 ・△△△、○○○、□□□のグループにまとめたことで、収納するエリアが明確になりましたね。


 このタイミングでクライアントさまに「楽しかった」「スッキリした」「やってよかった」など、の感想をいただけたら達成感がありますね。

9.次回の予定日決定

  後日、次回の予定を調整しようとすると、結構ハードルが高いように感じます。やりきったところで、意識が高まっているところで次の約束を取り付けたいところ。
 ただ、クライアントさまにも都合(日程がつかない、アドバイザーの力量に不満がある、依頼して損した?!)がありますので、次回予定を調整しようとしてはぐらかされた場合は無理に迫らずに様子を見るのがいいかも。
私は、ちょっと?!しつこく?!アプローチしてしまったことがあり、反省してます。

10. お礼メール

 その日のうちに、「お礼メール」を送るようにしています。
一緒にお片付けをしてみての感想、クライアントさまのやる気がでるように祈ってのコメント、検討事項、宿題など
クライアントさまとの距離がより一層、縮まることも祈りつつ。


11.使い勝手の再確認

 一週間程度経ってから、お片付け後の使い勝手を聞くようにしています。
現場を見てこう配置したほうが、使いやすく戻しやすいとかを考えて配置するわけですが、それが実際にクライアントさまが望んだ通りに機能しないことがあります。うまく運用方法が伝わっていなかったり、実際に生活してみると見落としている点があったりするので。

   ・うまくいっていること
   ・思った効果が得られなかったこと
・満足度
   ・効果
   ・はじめのイライラ・不満を10とすると、いまはいくつ
     ⇒これらに対するコメント、アドバイス など


12.報告書作成、提出

 自己満足の世界かもしれませんが、一通りの対応が終わった後で、自分の覚書もかねて報告書を作成します。

・どんな作業をしたか
・どんな成果があったか
・Before&Afterの写真
・検討事項(即対応が難しいけれど、解消したい課題)
・宿題(クライアントさま自身で実施していけるヒント)


これからも実践&反省を繰り返して
12ステップを改善していきたいと思います。

本日も、当ブログにお越しいただきありがとうございました。
関連記事

コメント

Secret

太郎ブログのメニュー(作成中)
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

はじめのいっぽ♪

ちょことまろん

FC2ブログアクセスアップ

にけたろうの片付け日記

home ^ - ^   
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。